残酷な遊郭の現実

殆どの人が性病にかかっていた?

遊郭は昔のソープ街です。
そのため当然性行為を行う場所でもあります。
なので当然性病になる人もいました。
昔は今のようにしっかりとした避妊具はありません。
医療技術も現代ほど充実していたわけではありません。
そのため殆ど毎日性行為を行っていた遊女の人達はほぼ全員が性病にかかってしまっていたようです。
しかも性病の中でも危険な梅毒や淋病にかかっていたようです。
中でも多かったのが梅毒で、この梅毒というのは大変危険でほっておくと命に関わってしまうほど危険なものなのです。
現在の医療技術では潜伏期間中に病院などに行けば確実に治療する事が可能のため命を落とすことは極めて希になりました。
梅毒は信仰が襲いため当時の吉原では一度かかれば二度とかからない物だと信じられていたためかかった人は貴重な存在とされていたそうです。

妊娠したらどうなるの?

遊郭では毎日性行為を行っていました。
そうなってくると気になるのはやはり妊娠してしまった場合にはどうなるかと言った部分ではないでしょうか?
避妊具が今ほど充実していなかった昔に妊娠してしまった物がいないなんて事は絶対にありえません。
ですが意外なことに妊娠してしまう女性は結構少なかったようです。
理由としては遊女の人達は生活環境がとても過酷でした。
そのため当然健康な体を保てず不健康なまま毎日過酷な労働環境で働いていました。
そのため妊娠しにくい体になってしまっていたようなのです。
仮に妊娠してしまった人がいたとしても遊女にとって妊娠はとてもめんどうな物であったために医師を呼んで様々な方法で流産をしていました。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top