遊郭はどこにあるの?

遊郭の歴史

遊郭と呼ばれた場所は結構たくさんあったようです。
そのため全てを上げるとなると少々長くなりすぎてしまうためここでは最も有名な遊郭である吉原についてのことを書かせていただきます。
遊郭が初めて作られたのは1612年の事だそうです。
日本橋人形町と言う場所に作られたそうです。
これが吉原遊郭と呼ばれ今でも知ってる人の多い吉原の最初です。
ですが吉原遊郭は火事によって焼失してしまいました。
その後は場所を移して浅草山谷付近に仮移転してすぐに浅草日本堤付近に移動しました。
そのため当時の地である日本人形街の方を元吉原と呼び日本堤付近にある物を新吉原と呼ぶようになったようです。
江戸の吉原遊郭は大坂の新町遊廓、京都の島原遊廓、と並ぶ程に栄えていたそうで三大遊郭と呼ばれていたほどだったそうです。

吉原はどこにある?

吉原遊郭は三大遊郭と呼ばれる程に栄えていた大きな遊郭です。
ですが利用しない人からするとどこにあるのか解らないのではないでしょうか?
そもそもですが吉原と言う住所はありません。
吉原と呼ばれる場所は東京都台東区千束四丁目から三丁目付近のエリアをそう呼んでいます。
最寄り駅は日比谷線の三ノ輪駅または入谷駅になります。
ですが吉原は最寄り駅からもそこそこ距離が離れています。
そのため従業員の女性の方々はタクシーや送迎バスなどを利用して通勤している人が多いようです。
そのため利用を考えている人もそう言った交通手段を使う豊井でしょう。
昔は三大遊郭と呼ばれていた吉原ですが今では全国1位の知名度を得ている場所になっています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top